土湯系

高幡不動ござれ市で 西山憲一 作 6.5寸

Nishi2

昨日は雨でしたが、今朝は朝から骨董市日和。

朝は、ちょっと寒いですが。

いつもの高幡不動ござれ市(骨董市)に、行きました。

菊まつり中のため、菊の中に骨董屋さんがまぎれている状態です。

お土産こけしの中にいた、こちらのこけし、

西山憲一 作 、6.5寸。

昭和30年代の作と思われます。

購入者が書いたと思われる小さな「60」という鉛筆の文字が、

購入年を表しているのならば、1960年(昭和35年)ですね。

顔なじみの骨董屋さんに、「来たら、これ買うと思ってたよ」と、

すっかり見破られながら、こけ娘が購入。

返しロクロも入っています。

鳴子から土湯 二日目に買ったこけし

Kiku1_2
鳴子こけしまつりの次の日、土湯温泉の「アサヒ写真館」にて購入しました。

遠刈田系 佐藤菊治さん、7.5寸。

底に、六九才とあるので、昭和38、39年の作でしょうか。

Sw1
こちらではもう1本。土湯系 渡辺定巳さん、7寸。

こけ娘初めての定巳さんです。

夏休み中に、こけしの整理をしたのですが、また本数数え忘れました。

棚には、こけ娘の好きな、佐藤菊治、秋山慶一郎、佐藤誠、高橋武蔵、佐藤伝喜を

前に出し、その後ろに系統別に並べてみました。

山形系は、ほぼ小林清次郎ばかりなので、前も後ろも清次郎!な感じです。

ほかは、鳴子、弥治郎が多く、続いて遠刈田ですかね。

棚の整理のあとも、ちゃくちゃくとこけしが増えているので、

また、ぎゅうぎゅうになってきました。

私の好みで買ったこけしは、段ボールのままですし。もう、立てるところありません。

鳴子こけしまつり こけし買いました 2012 その3

Ya1
こちらは、招待工人の荒川洋一さん、5寸。

今見てみると、こけ娘は、洋一工人のこの型、寸法違いであと3本持ってました。

2寸から5.5寸まで。

Yka1_2
まだまだ、買ってますよ。

鳴子系 柿澤是伸さん、3.5寸。

カラフルですが、けばけばしくないですね、清純そうです。

柿澤さんの髷のタイプは、初めて買ったと思います。

若手の工人さんですが、実力も人気もたいへんなものですね。

今回は、柿澤さんの工房には、おじゃましませんでした。

昨年、雨の中坂を上っていたところ、友達の車に拾ってもらったのを思い出します。

今度は、天気がいい時に行きたいものです。雨女の、私には無理かも?

:::::::::::::::::::::::

鳴子ツアーの1日目で買ったものは、以上です。

先ほど、「日本こけし館」でのチャリティーオークションで、

落札できたとのお便りが届きました。

なんと、こけ娘が決めて(小学生なので名義は私ですが)入札した4本が、

すべて落札できたと。

えーっ、うれしいです!

しかし、まさか全部とは思ってなかったので、お財布が心配です。

どこから、出したらいいのでしょうか…(A;´・ω・)アセアセ

届いたら、アップしますね。

鳴子こけしまつり 2012 こけし買いました その2

Mn1

こちらも、招待工人の土湯系 野地三紀子さん作、7寸。

お父様の野地忠男工人が亡くなられて、

工人名を「佐藤三紀子」から、「野地三紀子」にかえられました。

表情は、若々しい感じがありますね。

ニヒルな微笑みのようで、どこかやわらかい、そんな雰囲気もある気がします。

Nh1
つづいて、こちらも招待工人、津軽系 本間直子さん、幸兵衛型、5寸。

初めてこけ娘と、鳴子のこけしまつりを訪れた4年前(?)も招待工人としてみえてました。

ここ数年ますます腕に磨きをかけられ、幸兵衛型をモノにされたように思えます。

::::::::::::::

はいはい、まだ買ってますよ~(* ̄ー ̄*) いばってどうする?

その3へつづきます。

鳴子こけしまつり2012 こけし買いました! その1

Ho1
大沼秀顯さん作、6寸。 

今回のこけしまつりでは、鳴子の街めぐりなどに重点を置いたため、

こけし工房などは訪問できていません。

唯一訪れた、大沼こけし店で買った1本です。

一筆目で、やさしい表情ですね。

鬢の描彩が、秀顯さんは三本のものが多いように思いますが、

これは、二本ですね。

ちなみにお父さんの秀雄さんは、四本です。

Wt1
こちらは、招待工人の渡辺忠雄さん作、6.5寸。

さすがの貫録の表情です。

普段、こけ娘はもっと地味めな、おとなしいこけしが好きなので、

由吉型などの、かっこいい表情のものは、守備範囲ではないのですが、

これは、好き(*^^)v と言っていました。

 

体育館でこけしを選ぶときには、完全にこけ娘を放し飼いにしていたので(^_^;)

何を買ったのか、ホテルの窓辺に並べてくれるまで、ほとんど知りませんでした。

今回の予算(「こけ新聞」の売り上げ)を、午前中の体育館だけでほぼ使い切ったようです。

  そうです!もっと買ってます。また次回~。

行ってきました!鳴子こけしまつり~土湯、2日目 2012

さて次の朝、早起きしてバイキングの朝食を食べて、またまたとっても満腹な4名。

今日は、鳴子を発ち土湯温泉に向かいます。

1泊2日で、こけし産地を二か所まわろうという、なんて贅沢、だけど無謀なツアーかしら。

もうっ、誰が考えたの?

Naru
                                         写真は鳴子駅の窓口上のこけし

楽しかった鳴子をあとにして、福島まで戻ります。

ハプニングは、古川駅で起こった! 去年もいろいろありましたが、→2011鳴子まつり

今回は、古川の乗り換え時間7分あるからと、

こけパパにお土産、大崎名菓「パパごのみ」(おつまみおかき)を買っていたら、

もう、新幹線発車まで1分しかありません。

エスカレーターに乗ったとたん、もう発車ベルが鳴っています…(@Д@;

転んで膝を打ちながらも←ホント、なんとかホームにたどり着くと、

駅員さんが目の前にいて、早く乗れと促してくれて、

4人無事に乗れました。あっぶなかった~。

新幹線に駆け込み乗車Σ(゚□゚(゚□゚*)してはいけません。

「はやて」は、福島に停まらないので、仙台で、「MAXやまびこ」に乗り換え。

やっと、福島に到着。ここから、バスで土湯温泉に向かいます。

途中の西田記念館までなら、美轆展で何度も行っているから、間違えないぞ!

そのまま終点まで乗れば、土湯温泉です。

  このツアーのプラン・予約は私がしたのですが、ものすご~い方向音痴で、

  とてつもない雨女、そのうえ車酔いもしちゃいます。

  やたらと乗り物の記述が多いのは、不安と闘ったあらわれです。

このバスに乗っているころから、ものすごい豪雨になってきました。

さすが、わたし。なにがあっても絶対降らせます(゚ー゚;まかせて!

土湯は、3度目ですが、じっくりめぐったことはありません。

頼りは、土湯温泉観光協会のGさん。以前もお世話になりました。

「どこに行けばいいですか?」としょっぱなから、丸投げ体制(^_^;)

観光マップとクーポン付ちらしをいただき、出発。

雨があまりに激しいので、観光協会の並びから、せめます。

アサヒ写真館」、写真館なのに、カフェ、なのにこけし屋さんです。

中古のこけしも販売しています。

こけ娘がこけしを選んでいる間に、連れ二人がとんでもないお買い物をしました。

Tako
                               ※ 写真は「アサヒ写真館」さんよりお借りしました

一尺五寸もある 瀬谷幸治作 たこぼうずをひとり1本。

ご主人の「送りますか?」の問いかけに、ふたりとも、「持って帰ります!」

   え~マジっすか?!大雨なのに。ここから持ち帰るの?

   尺五寸だよ!45センチだよ!どっしり台つきだよ、重いよ~!

包んでおいてもらうことにして、並びの土湯見聞録館へ、こけしの展示があります。

続いて、ここはおなじみ、阿部国敏工人のご実家「まつや」へ。

いつものわんちゃんと、おかあさんが歓迎してくれました。

(国敏さんは、鳴子のこけしまつりの表彰に行かれていたそうです。)

ちょっとだけしかお買いものしていないのに、すみません。

まつやのおかあさん、ごちそうさまでした。おいしかったです~。

そして、観光協会のGさんおすすめ、円盤餃子の「味処みらく」へ。

餃子はくどくなくてさっぱりめ、たくさん食べられます。

らーめんは、昔ながらのしょうゆあじ。どちらも、おいしかったです。

もう、おなかいっぱいといいながらも、

Tu2
おっきなこけしのいる橋をわたり、「なかや菓子店」へ、

ベンチで食べた温泉まんじゅう、おいしかったです。

Tu3

Tu1

雨が降っていなかったら、足湯に入れるのになぁ、残念です。

土湯温泉は、足湯がたくさんあります。

脱ぎやすいようにビーチサンダルと、タオル持って行って、全部めぐりたいな~。

まだまだ、雨は降り続きます。

Tu4

日本一のひなこけしを見学して、お店をみてまわって、

大きなたこぼうずを受け取って、もう一度観光協会へ。

こけ娘の「こけ新聞」全号お買い上げいただきました。わーい。

観光協会の、スタンプはいろいろかわいいのが揃ってます。

こけ娘作製のしおり、スタンプページを作っておけばよかったね。

もう、押すところがありません。

Ni1
その後、タクシーで、西田記念館に移動しました。

贅沢ですが、この雨ではバス停からの坂を歩いて上れそうにないので、バスは却下。

雨で土湯ではあまり歩きまわれなかったので、時間がありゆっくり展示を観られました。

記念館近くのカフェで、お茶を始めたとたん、

ものすごい音を響かせて、スコール並みの豪雨です。

まったく外に出られないので、ひらきなおってお茶とおしゃべり。

小雨になり、もう一度、記念館でこけしを買うというこけ娘を待ってから、

またもやタクシーで福島駅まで。あー、なんて贅沢。ごめんなさい。大雨のせいさ!

福島駅西口の観光物産館「こらっせ」で、お土産を買って、

ついに、ツアーも終わりに近づきます。

お弁当を買って、新幹線へ。

18時すぎ福島駅発、東京には20時ころ着きました。

小学生連れには、ハードスケジュールでしたかね。つめこみすぎ?

途中の駅で、二人とはお別れ。

とってもとっても楽しい旅でした。

さて、バッグからはみだす、でっかいたこぼうず、

二人は駅から無事に連れて帰れたでしょうか。

西荻「ベビヰドヲル」『こけしと郷土玩具』で!(ベビードール)

Shin

「こけ新聞」創刊一周年!!パチパチパチ~o(*^▽^*)o

創刊号は、昨年6月の西荻こけしまつり(チャサンポー)の1日目、

「こけ娘も何かやってみなよ!」とベビヰドヲルオーナーにそそのかされて(^-^;

「新聞書きたい」とやり始めました。

その日の夜遅くまでかかっても完成せず、次の日の朝やっと仕上げて、

営業開始時間に遅刻しちゃったのです(今も変わりませんね^^;)

「こけ新聞」平成24年6月号でまる一年、月刊のはずが、

諸般の都合により(;;;´Д`)ゝ 時々とんでしまっているので、第9号です。

6月号で予告しているとおり、こけ娘は、夏休みにかけて、

こけしに関する小冊子「こけノート」を書くそうです。

こけしの何について…とか、何ページ、大きさ、形態など、たぶんまだ考え中ですが、

予告しちゃいました(*_*; 大丈夫??

こけ娘は今、口あけて●KB48とか観てますけど、大丈夫でしょうか??

上の写真は、テレビを観たがるこけ娘にむりやり持たせた、西山憲一さん、

以前の記事に載せた入れ子の中に合う寸法のこけしを今回ベビヰドヲルで発見!

手伝いに行ったのに、自分で買ってるんじゃないよ(-"-)

Kiichi
まだまだ、しつこく宣伝します。

こけし刺繍バッグです。新山吉紀さん喜一型より。

かぶせ部分の裏は赤のちびこけし柄です。

ショルダーに、ななめがけに、紐の長さが調節できます。

バッグは、イベント終了後も販売しています。

が、明日木曜はベビヰドヲル定休日です。

~10日まで、『こけしと郷土玩具』開催中!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  ベビヰドヲル  

         03-3301-0638

         東京都杉並区西荻北3-8-9

今月はこんなこけしat高幡不動ござれ市 

P1020699_480x640_3

9月半ばだというのに、とても暑い朝。

毎月恒例の、高幡不動ござれ市へ。

今月は、どの骨董屋さんも、

こけしをならべています。

先日の、「なんでも鑑定団」の話を、

骨董屋さんがしていました。

それで、みんなこけし持ってきたの?

状態のよくないものも多い中、

こけ娘が選んだのは、

滝島茂、6寸。

同寸の柄違いも持っていますが、

こけ娘、茂さん好きらしいです。

◇◇◇

◇◇◇

P1020701_480x640_3

つづいて、西山憲一、7.5寸。

状態は、本当によくないですね。

なぜこれを買ったのかといいますと、

こちら、入れ子になっているのです。

手持ちの憲一さん、5寸は入らず、

1.2寸は、カラカラ鳴ってしまいます。

今度、ちょうどいいの探そう。

どちらも、安くしてもらえたので、

こけ娘の財布から買えました。

◇◇◇

◇◇◇

◇◇◇

◇◇◇

◇◇◇

◇◇◇

P1020705_480x640_3

このこけし、購入時は、

かすれたように白っぽかったのです。

中古こけしの、白くなっているのは、

「ろう」です。

ドライヤーをかけて復活させます。

乾燥している時期はさけてくださいね。

白くなっている部分に,

ゆっくりドライヤーの熱をあてると、

マジックのように、

墨の色や、染料の色が戻ってきます。

表面がぱりぱりのものや、

かなり古いものは、乾燥しているので、

ひび割れの可能性があります。

そういうものには、さけてください。

まず、ちょっと状態の悪い(安かった?)

もので、実験してみてください。

タララララ~ン!と、良い色になるかも。

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ