山形系

小林栄蔵(?) 戦前作

Eizo12_640x480

Eizo31_480x640

相変わらず、つたない写真で申し訳ありません。

古くて黒くなったこけしは、撮影が本当に難しいです。

こちらは、骨董市で知り合いの業者さんに、「吉兵衛だよ」と言われて、

古い山形系は間違いないけど、吉兵衛ではないよね。と思いながら、購入したものです。

胴底に、鉛筆で「小林吉兵衛」と記入があるので、業者さんがそう言ったのでしょう。

小林栄蔵の作だと思うのですが、どうでしょうか。

P1030542_480x640

こちらが、全体です。光ってます(*_*;写真は撮り直したいと思っています。

山形系 小林栄蔵(?)作、一尺。

栄蔵は、時代によって描彩に変化が見られ、昭和10年頃までのたれ鼻のものが評価が高いようです。

昭和15年頃の作が、「こけしの美」に掲載されていますが、このこけしは、それとも少し違いますね。

Eizo32_479x640

特徴として、“頭頂に描かれる墨の線は勢いよく、ツンゲまで突き抜ける…”と、「こけし辞典」にあります。

このこけしも、ツンゲのすぐ上まで墨の線が描かれています。

Eizo24_480x640

続いて、こちらも同じく栄蔵と思われるこけし。六寸です。

胴底に、「17.6.20 山形」との記入がありますので、昭和17年に購入されたものだと思われます。

先日、「茶房たんたん」で購入しました。

これは、先輩方が「栄蔵だ」とおっしゃっていたそうなので、きっとそうですよね。

上のこけしと、同じ頃に作られたものではないかと思います。

栄蔵の年代変化がわかる資料があったら、どなたか教えていただきたいです。

  正末昭初:たれ鼻、面描太く豪放で力強い胴模様粗く、簡略化

  昭和15年前後:面相細く弱い

  昭和30年前後:面相甘く眉が垂れる、胴模様細かく、胴いっぱいに描かれる

「こけし辞典」を参考にまとめてみましたが、

どうも、栄蔵工人のこけしは、本にあまり掲載されていません。

「素朴さを失った」などと評価されて、初期のもの以外には注目されていませんが、

時代に合わせたこけしを作る、器用な方だったのでしょう。と、どなたかが書かれていました。

小林家、米沢系列、昭和20~30年、新型すれすれ、という私の興味のあるところに、

ひんぱんに出てくる工人なので、研究してみたいと思います。

東京こけし友の会12月例会 で買ったこけし

なんと先月から、こけ娘ひとりで参加しております、友の会例会。

行き帰りは付き添いますが(神田までけっこう遠いので)、

参加は、ひとりにしてみました。

先月は、私の刺繍バッグの納品が、せっぱつまっておりまして、

やむを得ず、こけパパに送迎させてのひとり参加でしたが、

今月は、あえて、こけ娘の自立に挑戦!

↑いや、6年生にもなって、それほどのことでもないですね…。

ということで、こけ娘にカメラを持たせてないため、会場の写真はありません。

例会の報告も、こけ娘からの口伝えという、ものすごくあやふやなものなので、

買ったこけしと、その決め手、くらいの報告でスミマセン。

Tadashi1
こけ娘は、今回もあまりクジ運が良くなくて、

それでも、ゲットしてきた、佐藤正工人、5寸。

弥治郎系、渡辺求さんの弟子です。

以前、西田記念館で購入して以来、こけ娘の好きな工人さんです。

Tadashi2
横顔です。少しにじみがありますが、「顔がいいので、OK」だそうです。

底に、「H6」との鉛筆での購入時期と思われる書き込みがあります。

遠刈田の重ね菊風の菊を大きく一つ描いた胴模様。

師匠の渡辺求さんは、花芯に黒(緑?)でめしべを描いたものが

多いように思いますが、

こちらも、すっきりしてダイナミックでいいですね。

Seijirokiti2
そして、こけ娘の定番!小林清次郎工人、8寸。

吉兵衛型。とても、表情が良く、気に入ったそうです。

清次郎さん、かなり買ってますが、まだ欲しいのね。

Syougo2
そして、鳴子系、高橋正吾工人、7寸。

いつもとても上手い工人さんですが、こちらの表情が気に入ったそうです。

底に、「1979.7」とのペンでの記入があります。

抽選こけしにも挑戦したようですが、なかなか呼ばれず、残念な結果に。

そして、年末恒例の、青葉こけし会さんのカレンダーをいただいてきました。

ありがとうございます(^o^)

参加者のみなさんのおかげで、なんとか、ひとり参加できております。

いろいろご迷惑をおかけしているかもしれませんが、

今後とも、よろしくお願いいたします。

そして、「こけ新聞」12月号、出しました!

お買い上げありがとうございます。

毎回そうですが、家を出発する時間ギリギリまで書いていて、

バッタバタしながら、なんとか間に合うという、毎月綱渡りの状態です。

今月も、例会に持参した分は、完売したようです。

西荻「ベビヰドヲル」にも、最新号、バックナンバー全号、追加納品してきましたので、

興味のある方、お近くに行かれたら、ぜひ~。

高円寺フェス「MY FIRST KOKESHI!」で買ったこけし

高円寺フェスこけしイベントで、購入したこけしです。

こけ娘は子ども店長のくせに、こけしを売るのをさぼり、

ほかのブースでこけしを買ってたんですよ~(-"-)

Ma1
弥治郎系 佐藤誠 作 5.2寸。

以前載せたこけし と同じく、署名とともに「57才」とあります。

こけ娘この年代の誠さん、好きですね。

胴前面の色落ちが激しいので、首の差し込みが外せたので、

後ろを前にまわしました。

こちら、スピカさん のブースで購入しました。

Ko01
こちらも、同じく、スピカさんのところで買った

山形系 小林 吉三郎でしょうか 1.5寸。

小さくて、色もちょっと黒めなので、撮影が難しいです。

最初は私が、一日目から、ちょっと気になっていたのですが、

お客さんに買われたら、あきらめようと思っていましたが、

二日目もまだ嫁入りしていなかったので、

こけ娘に「買おうかなぁ」と、言っていたら、

「わたしが欲しい」と、こけ娘が買うことに。

といっても、母の財布からでしたけど。

東京こけし友の会8月 いまごろっ!

Syou1
いまさらですみません。

先月の友の会、8月は通常の例会ではなく、臨時の頒布会でした。

いつもの例会より参加者も多く、こけしもたくさん並んでいました。

めずらしくくじ運がよく、1番に呼ばれたのです。

こけ娘が選んだのが、5本入りの小寸セット。

右から、佐藤誠孝、秋山一雄、小林吉三郎。4寸。

小寸セットに3本も好きなのが入っていて、

こけ娘、最初から目をつけていました。

左はしは、その後に選んだ小林吉三郎、えじこ。

Den1
と、佐藤伝喜、えじこ。

伝喜さんのえじこ、色合いも表情も、おもちゃっぽくていいです。

小寸とえじこばかりになってしまいましたね。

日本こけし館、チャリティー入札で

Ck1

先日の鳴子ツアーにて、「日本こけし館」行われていたチャリティー入札に、

参加してみました!

なんと、4本入札して、4本落札できてしまうという、大変なことに(@Д@;

こけしが買えて、何が大変かって?それは、私のお財布ですよ、もちろん。

こけ娘にほぼ任せていたら、落札できちゃいましたけど、

払うのは私ですよね…。

ちゃんと、お支払しましたが、先のことを考えて入札しましょう。

写真、左奥から、小林誠太郎(山形系) 8寸、倉吉型。

佐藤菊治(遠刈田系) 6.3寸。

佐藤直樹(弥治郎系) 6寸。伝伍型。

前、小林清次郎(山形系)、1寸9本、こま10個セット。

Kura
誠太郎の倉吉型は、桜満開と呼ばれる倉吉型の復元ですね。

うしろの、長いツン毛(?)もきちんと描かれていますし、

こけ娘の倉吉作では、ほとんど見えない後ろ姿の桜も、描かれていますね。

Kiku3
なんと、菊治はまた六九才と底にあります。

菊治、69才三本セットのできあがり( ^ω^ )

左は土湯のアサヒ写真館で、右は友の会カナ?で求めたものです。

佐藤直樹作、伝伍型は、

最近こけ娘が、佐藤伝・伝喜・伝伍の兄弟が気になるそうなのです。

清次郎さんのセットは、元々は1寸10本セットだったのでしょうかね。

9本って、ハンパじゃないですか?

左の1本だけ材が異なるようなので、8本セットに1本おまけ、みたいなかんじ?

このセットを入れるえじこ型小物入れがほしいです。

清さんにお願いして、作っていただくべきかしら。

小林倉吉、戦前作

K1
つづいて、こちらも7月の高幡不動ござれ市で購入したものです。

底に、縦書きで「明治四年生まれ 小林倉吉 昭和十八年 七十三才」

円周に沿って「山形 最上 木翁作」 と署名があります。

“いわゆる桜の満開と称し、胴の裏まで桜を配し、(中略)。昭和十五年ころから

木翁と署名するようになった。” (こけし辞典より)

と、倉吉、晩年の作風そのままのこけしです。

こけ娘の好きな山形系。小林清次郎工人につながる倉吉工人。

おとなしい(地味な?)こけしが好きなこけ娘には、かなり好みのこけしのようです。

このこけし、前回アップした渡辺求作にも増して、黒くなってました。

マスターに教えていただいた方法で磨き、なんとか見られるようになりました。

K2
後ろ姿です。これも、ツン毛というのでしょうか。けっこう長いです。

桜の満開の花びらは、後ろにもあるようですが、薄くなっていてよく見えません(゚ー゚;

*    *    *    *

さて、明日の朝から、鳴子へ出発します。

「全国こけしまつり」を堪能したら、日曜日は、土湯に行く予定です。

こけ娘の「こけ新聞」8月号、絶賛(?)発売中です!

バックナンバーもご用意してます。

よろしくお願いします(゚▽゚*)

古い?小寸こけし(さいたまスーパーアリーナ)

Syou1

このブログで、何度も登場するさいたまスーパーアリーナでの骨董市。

先日、ひとりで行ってきました。(こけ娘は学校)

こちらの、小寸こけし、遠刈田系1本と、山形系?2本。

「同じところから出た」と、お店の方が言っていた他の小寸数本が、

米沢の子守りこけしと、モンペこけしだったので、こちらも昭和20年代?と思われます。

どちらも署名はありません。

左の遠刈田系は、2寸。

円吉作かと思ったのですが、袖珍こけしの写真を見ると違うような気も…。

右2本の山形系、中央2寸。右 1.6寸。

栄蔵? 割れ鼻の上部が離れているので、誠太郎?

鈴木安太郎ということは?

いろいろ写真を見たのですが、小寸は特に手元の資料がとぼしく、わかりません。

この柄だと、米沢の工人不明っていうこともありますか?

------------------

ツイートしたら、教えていただけたので、追記。

佐藤円吉と、小林栄蔵だそうです。

おお、一応どちらも最初の候補にあげてたぞ(*^-^)

円吉は昭和22年に亡くなっているので、それ以前ですね。

たんたん即売会2011.12

先日の「茶房たんたん」即売会の報告です。

13時から抽選ですが、たんたんには、11時過ぎに到着。

この日、私は13時から用事で自宅に戻らなければならなかったため、

こけ娘ひとりで、即売会に挑戦!うわっ、大丈夫でしょうか。

番号の書かれた割りばしをくじびきし、1番を引いた人から1本ずつ買えます。

最後までいくと、折り返し、そのあとはフリーに。

今回は、私の分のくじをマスターの奥様に代わりに引いていただくことに。

こけ娘は、下見をして、欲しいものを、第1希望からメモに書き、

マスターに見てもらっておきました。

ちゃんと一人でできるでしょうか。不安…。

お昼近くになると、常連のマニアのおじさまたちも、到着されました。

下見のあと食事して戻ると、いつものように、おじさまたちでいっぱいでした。

若い方も、遠方からこられた方も…。店内は、すれ違うのも大変なくらいぎっしり。

一度帰宅し、戻ってこれるのが、15時過ぎると思われ、

この後に予定している「初心者(?)懇親会」の時間を過ぎてしまうので、

こちらは、かっぱさんに、すべてをゆだね、ひとりで帰宅しました。

下の写真は、わたしが知らないうちに、こけ娘の選んだこけし。

こけ娘のこづかいは、すっかりこけしに使い果たしているので、

昨日の夜、こけパパ(久々登場)におねだりしてもらってきました。

Akiyama

左、秋山慶一郎、5寸。

底に、昭33年12月記入があり、「久松」と判が。紙をはがしたあともあります。

右、秋山一雄、4寸。ちゃんと首がまわります。

Zensaku

小林善作 5寸、こげす型。

底に、42.8.5 の書き込みがあります。

Seijiro8

小林清次郎、4寸、吉兵衛型。

Satune

佐久間常雄、6寸、米吉型。

はっきりいって、こけ娘、かなり地味な好みですね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

15時過ぎに戻ると、「初心者(?)懇親会」は、

なかなか、もりあがっておりました。

コーヒーは、いつも即売会では無料サービスですが、

第2部の懇親会でも、サービスにしていただきました。

お菓子を持ち寄り、いろいろお話しできました。

友の会例会のあと、いつも近くの喫茶店で、集まっているメンバーと

あまり変わらないと、みなさんはおっしゃってましたが、

いつもは、帰りに西荻に寄るため、私たちはあまり行けていません。

みなさんの、こけしの知識や、こけし本情報。

いろいろ聞けて、とても楽しかったです。

こけし仲間、いいですね。

小学生連れなので、みなさんの迷惑になるかなと、

わりと、母娘ふたりで行動しておりました。

もうちょっと、入れてもらっても、大丈夫かな。

みなさんが、ご迷惑でなければ…ですが。

即売会の様子は、こけ娘に聞いても、まわりをほとんど見ていない、

ひとりっこマイペース娘のため、あまり報告できる情報がありません。

くじで、こけ娘の引いた番号で、

「伝統こけし桜井昭二の世界」のカレンダー(限定30部)が当たりました!

結局、閉店ぎりぎりまで居て、マスターともいろいろお話ししました。

自宅と往復して、ばたばたしましたが、楽しかった1日でした。

10月の東京こけし友の会  こんなの買ってたんです!

またまた、ブログを放り投げておりました。

いつもすみません。

今月の、東京こけし友の会例会が、まもなくなので、

あわてて先月分をアップします。

10月の例会では、わたしのくじ運が良く、

こけ娘がねらっていた清次郎さんの入れ子をゲットできました。

Seijiro1

Seijiroire

山形系 小林清次郎さん 大7.5寸 小2.5寸

ふたの継ぎ目が、まったくわからないくらいピッタリです。

Umeno
右、黒田うめの(ムメノ) 6寸弱

左、小林清次郎 6寸

黒田うめのは、昭和44年に描彩したものだそうです。

こちらは、初めて入札に挑戦して、落札できました。

こけ娘の好きな、清次郎さんにつながる、吉太郎系なので。

この日に買った清次郎さんと並べてみました。

新井薬師から、国際フォーラム

この間の日曜日、頑張って早起きして、新井薬師の骨董市へ。

ここはいつも、こけしはあまり出ないのですが、

着物のお店が多く出ているので、

こけし柄の生地を求めて、久しぶりに行ってみました。

が、今日は、出会いはなし。

有楽町国際フォーラムまで移動しました。

それでも、まだ8時半なのです。いつもなら、やっと家を出たとこかしら。

5時過ぎに起きた甲斐はあったな。

こけ娘の肩をトントンたたく人が、振り向くと、こけし師匠のマスターでした。

「今日はずいぶん早いじゃない」、と褒められ、喜んでましたが、

マスターの手には、すでに大きな荷物が。さすがプロ、早いですね。

Seijiro11_2

こちらで、小林清次郎さん(山形系)を購入。

裏に鉛筆で清蔵写しとあります。

ちょっと残念ですが、額に打ち傷があります。

セレクトは、もちろんこけ娘です。あいかわらず、シブイ。

そして、ひたすら、清次郎さん、なかでも地味めな型。

ぐるぐる回って、ふる布をいろいろ買っても、まだ、12時です。

もう、私たちの気分は夕方なのですけどね。

地元の駅まで帰り着き、疲れたけど、あとここだけ、と寄ったお店で、

こけし柄の古い着物発見!しかも安い!

これで、骨董市めぐり終了。あー、眠かった。

より以前の記事一覧

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ