骨董市

小林栄蔵(?) 戦前作

Eizo12_640x480

Eizo31_480x640

相変わらず、つたない写真で申し訳ありません。

古くて黒くなったこけしは、撮影が本当に難しいです。

こちらは、骨董市で知り合いの業者さんに、「吉兵衛だよ」と言われて、

古い山形系は間違いないけど、吉兵衛ではないよね。と思いながら、購入したものです。

胴底に、鉛筆で「小林吉兵衛」と記入があるので、業者さんがそう言ったのでしょう。

小林栄蔵の作だと思うのですが、どうでしょうか。

P1030542_480x640

こちらが、全体です。光ってます(*_*;写真は撮り直したいと思っています。

山形系 小林栄蔵(?)作、一尺。

栄蔵は、時代によって描彩に変化が見られ、昭和10年頃までのたれ鼻のものが評価が高いようです。

昭和15年頃の作が、「こけしの美」に掲載されていますが、このこけしは、それとも少し違いますね。

Eizo32_479x640

特徴として、“頭頂に描かれる墨の線は勢いよく、ツンゲまで突き抜ける…”と、「こけし辞典」にあります。

このこけしも、ツンゲのすぐ上まで墨の線が描かれています。

Eizo24_480x640

続いて、こちらも同じく栄蔵と思われるこけし。六寸です。

胴底に、「17.6.20 山形」との記入がありますので、昭和17年に購入されたものだと思われます。

先日、「茶房たんたん」で購入しました。

これは、先輩方が「栄蔵だ」とおっしゃっていたそうなので、きっとそうですよね。

上のこけしと、同じ頃に作られたものではないかと思います。

栄蔵の年代変化がわかる資料があったら、どなたか教えていただきたいです。

  正末昭初:たれ鼻、面描太く豪放で力強い胴模様粗く、簡略化

  昭和15年前後:面相細く弱い

  昭和30年前後:面相甘く眉が垂れる、胴模様細かく、胴いっぱいに描かれる

「こけし辞典」を参考にまとめてみましたが、

どうも、栄蔵工人のこけしは、本にあまり掲載されていません。

「素朴さを失った」などと評価されて、初期のもの以外には注目されていませんが、

時代に合わせたこけしを作る、器用な方だったのでしょう。と、どなたかが書かれていました。

小林家、米沢系列、昭和20~30年、新型すれすれ、という私の興味のあるところに、

ひんぱんに出てくる工人なので、研究してみたいと思います。

作田栄利 六寸

久々に町田の骨董市に行ってきました。

町田天満宮で、毎月1日に開かれている骨董市です。
梅雨の晴れ間で、日差しも強くけっこう暑い中、多くの骨董好きで賑わっていました。
こけ娘のお弁当を作って、洗濯物を干してからだと、どうも遅くなっちゃいます。
もう少し早く行けば、もっと欲しいこけしが、たくさんあるかしら。

Eiri1_2

遠刈田系 作田栄利 作、六寸。
底に、「宮城県 遠刈田 作田栄利  六十六才」 を署名があります。
明治31年(1898年)生まれ、佐藤吉郎平の弟子です。
満年齢で昭和39年、数え歳だと昭和38年の作でしょう。
67才で亡くなっているので、晩年の作ですね。
「こけし辞典」掲載のような、丸顔の胴が太いものが欲しいのですが、
なかなか、良い状態で、しかも手の出るお値段のものに出会えていませんでした。
辞典には、昭和35年位から顔が長くなり…、とあるので、
鬢かざりと重ね菊の花びら部分が、ぴよぴよハネたように描かれるのも、その頃からでしょうか。
勝手に、「ハネてる時代」と呼んでいました。
「ハネてる時代」のものは、ピンとこなかったのですが、このこけしはキリッとしていて気に入りました。
町田の骨董市は、着物・古布などの業者さんが多いのですが、
今月は、こけしも沢山ありました。
やっぱりもうちょっと早く家を出て、マニアのおじさま達と張り合ってみよう!

こけしざんまいの日曜日

昨日は、すっかりこけしに浸った日曜日でした。

まずは、こけ娘を部活に送り出し、高幡不動ござれ市へ。

弁当作ってからだと、骨董市には遅いスタートになってしまうのをどうにかしなくては。
もっと気合い入れて早起きするはずが…。
とりあえず、梅雨の晴れ間の暑さの中、高幡不動尊に到着。
こけ娘がこけしに目覚めてから、もう6年も通っているので、骨董業者さんたちも顔見知りが多い。
「あれ?今日はひとり?」「娘さんは?」と聞かれながらこけしを探す。
今月は、こちら。

Komori1_640x532

昭和20年代後半の、いわゆる新型こけし。子守こけしですね。
2寸。首がクラクラ動きます。
:::::
その後、「茶房たんたん」にてお茶。
いつものように、マスターに、骨董市での釣果を報告します。
先ほど私が買ったお店で、マスターは朝早くにこけしを買っていたらしい。
いろいろ目の保養をさせてもらって、次は鶯谷に移動です。
:::::
本日三カ所目、「挽物玩具ねぎし」に到着。
「今日は娘は?」と、こちらでもみなさんから聞かれ、「部活です~」と。
「下谷こけし祭り」、最終日午後なので、お客様は少な目かと思っていたら、
しばらくして、けっこう混み合ってきました。

Negisi

新山吉紀工人と真由美工人、うしろに背伸びして写ってくださった大沼秀顯工人。
弥治郎の新人工人さんおふたりのこけしも出ていました。おふたりとも、上手です。

Yoshi6

こちらは顔に惹かれ購入した、吉紀工人作の梨材、まげ。
:::::
つづいて、四カ所目、西荻「ベビヰドヲル」に移動。

Eda1

こちらでは、「こけしと郷土玩具」の最終日なので、
実は、一日目にニセ店員としてお手伝いしていた時から、目をつけていた、
けど、店員(?)だからお客様の選ぶたのしみを奪っちゃダメよね、と、
勝手に変な意識をして買わなかったこけしを購入。
1.5寸の新型こけし(またもや!)ですが、顔の描彩が上手いので、こけし工人作かな、と。
最後まで残っててくれて、ありがとう。
四カ所もまわったら、こけしテンションが上がり、この夜はこけしの夢を見ました。

高幡不動ござれ市で 佐藤忠 8寸

Tada1_2
こちらも引き続き、高幡不動の骨董市で購入したものです。

遠刈田系 佐藤忠 作。 8寸。

昭和7年、青根温泉に生まれる。

こけ娘が今一番好きな佐藤菊治工人 の六男です。

父親について木地修行するも、新型こけしを作っていたが、

昭和30年以降旧型を作るようになる。

こけし辞典のこけし(昭和33年)は、新型の影響の大きい、

「かわいらしい」顔のものですが、

こけ娘の購入したこけしは、菊治を丁寧に写していて、

上手だと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::

すっかり、こけしの季節のようで、イベントが目白押しです。

横浜での、恒例のイベント

横浜人形の家「鳴子こけし祭り」

 日時:11月23日(金)~25日(日)
 時間:9:30~17:00
       (最終日は15時半まで)
 会場:横浜人形の家 2階 多目的室

 《参加工人》高橋義一、大沼秀顕、早坂利成、柿澤是伸

  <入場無料>


そして、昨年に引き続き、横浜人形の家では、

土湯こけし祭り:12月8日(土)、9日(日) 

弥治郎こけし祭り:12月22(土)、23日(日)

こちらも、行われます。

人形の家3階休憩コーナーなので、入館料が必要です。

こちらの実演工人さんも、昨年と同じ方でしょうか。

案内はがきにも、記載がないのですが、

情報がありましたら、追記します。

今年も、横浜に通えるかしら。こけ娘の行事とか、

…考えてみましょう。

 
 

高幡不動ござれ市で 西山憲一 作 6.5寸

Nishi2

昨日は雨でしたが、今朝は朝から骨董市日和。

朝は、ちょっと寒いですが。

いつもの高幡不動ござれ市(骨董市)に、行きました。

菊まつり中のため、菊の中に骨董屋さんがまぎれている状態です。

お土産こけしの中にいた、こちらのこけし、

西山憲一 作 、6.5寸。

昭和30年代の作と思われます。

購入者が書いたと思われる小さな「60」という鉛筆の文字が、

購入年を表しているのならば、1960年(昭和35年)ですね。

顔なじみの骨董屋さんに、「来たら、これ買うと思ってたよ」と、

すっかり見破られながら、こけ娘が購入。

返しロクロも入っています。

国分栄一 勘内型 6寸

Ei1
弥治郎系 国分栄一 作、6寸。

 昭和7年生まれ。 鎌田文市の弟子。

 昭和24年から、木地業を始め、こけしを製作している。

   (伝統こけし最新工人録 ーカメイー より)

現在は、木地業は引退されているようです。

このこけしは、以前、高幡不動の骨董市で見つけました。

こけ娘最近のお気に入り、伝、伝喜、伝伍兄弟の叔父にあたる、

佐藤勘内のこけしを、復元されたものですね。

Ei2
こちらも、同じく、国分栄一 作、勘内型、6寸です。

底に、鉛筆でS50.3.22 との、購入日と思われる書き込みがあります。

こちらは、「茶房たんたん」から、うちに来ました。

上のこけしとは、同じ勘内型で同寸でも、

目の表情がかなり違います。

「亀井昭伍コレクション 古作こけし名品録」に掲載の勘内や、

「こけしの美」の17番は、比較的整った印象のこちらのタイプですね。

上のこけしの原は、わかりませんが、

「こけしの美」18番は、左右の目の大きさが違いますし、

右目の下まぶたは、はっきり描かれていますが、

左目は一側目かと思うほど、下まぶたが見えません。

こういう目を、描かれているのでしょうか。

こけ娘はこの2本を、あまり間をあけず購入したので、

母は、「えー、また買うの?持ってるじゃん」と思ったのですが、

違った味わいがあったのですね。

勘内は、孫の直樹、甥の伝喜、鎌田孝市など、

いろいろな工人さんが復元されています。

それぞれ、いろんな「色」があって、おもしろいですね。

まだ数本しか持っていませんが、並べて鑑賞するのもよいかもしれません。

小寸こけし 秋山清一

Sei1
こちらは、以前骨董市で購入したものです。

蔵王系 秋山清一 2.5寸。

底に署名はなく、のこぎり跡があります。

秋山清一は、大正4年生まれ、秋山慶一郎の長男。

秋山一雄の兄です。

目尻が下がるのが特徴です。

転業されたので、残るこけしは小数です。

Sei2
こちらも、以前骨董市で購入しました。

秋山清一、4.7寸。

以前、載せた秋山慶一郎、一雄のこけしと同じ楓二つの型ですね。

胴模様がほとんど飛んでしまっていますが、

上目づかいの「なにしよっかな~」という顔がいいです。

清一のこけしは、小寸が多く一筆目だそうです。

慶一郎、一雄とはまた違った、上部に寄った表情。

前髪の描き方も少しちがいますね。

親子の同じ型三本、並べて楽しんでいます。

小寸こけし 佐藤富雄?

Syousun1

先日、横浜アリーナでの骨董市で、顔なじみの骨董屋さんから、

「当然買うよね」という感じで手渡されて、当然買いました(笑)

署名の無い古い小寸こけし、工人さんを調べるの大好きなのです。

遠刈田系 署名なし 3寸。

戦前はないですかね。20年代くらいでしょうか。

佐藤富雄、富治海のどちらかだと思いますが、富雄でしょうか。

父親の文助ではないような気がするのです。

底の円周が、ぐるっと面取りしてあります。

この日、初めて横浜アリーナまで行ってみました。

顔見知りの骨董屋さんみんなから、「あれ、娘は?」と聞かれ、

「平日だから、学校ですよ~」と答えると、

「最近、お母さんの方が、こけしにのめりこんでるんじゃないの?」と、

ほぼ、みなさん同じようなセリフをおっしゃいます。

そんなふうに見られてるのね。笑

平日の骨董市は、こけ娘なしなので、

こけ娘好みのこけしを頑張って探してしまい、

「あ、これもいいかもしれない…。あ、こっちも…。」と

酔っぱらってケーキをたくさん買ってきちゃうお父さんのように、

選びきれず、余分に買ってしまうのです。

こけ娘が居る日は、かなり好みがはっきりしているので、

高評価だからとか、珍品、古さ、などでは選ばないで、

直感、好み、だけで買うのですが、

母は、「買っておいた方がいいかも…。調べてみたいし…。」とか

いろいろ考えちゃうんですよね~。

小寸こけし 佐藤伝伍

Den2

弥治郎系 佐藤伝伍 作 と思われます。2寸。

底はのこぎり跡残り、署名なし。

明治45年 佐藤伝内の四男として生まれ、昭和2年より木地修行。

兄の、伝、伝喜に習った。

昭和20年に戦死されています。(こけし辞典抜粋)

眼点が非常に大きいのが特徴です。

このこけしは、胴に水濡れがあるのが残念ですが、

大きな眼と、とんがったような口が伝伍らしいです。

こけ娘の好きな伝喜さんの弟ですが、

兄弟それぞれの特徴があり、おもしろいです。

いつものように、骨董市での購入です。

こけ娘の好きなこけしが、ごろごろ転がっているわけはなく、

何度もカラブリを経験し、骨董屋さんと顔見知りになったころ、

好きなこけしを見つけられる日が巡ってきます。

ネットで入札は、小学生には早いと思うので、

骨董市での出会いを願って、朝早く起きて通います。

小寸こけし 鎌田文市

Kamabun3
底はのこぎり跡が残り、署名はありません。

弥治郎系 鎌田文市 作 だと思います。

2.5寸。底がまっすぐでなく、立てるとちょっと傾きます。

「美と系譜」の年代変化を見ても、よくわからないのです。

昭和20年代でしょうか。

このこけしは、町田天満宮骨董市でみつけました。

たくさんのお土産こけし達にまざって、1本だけありました。

毎月1日に開催されるので、平日のことが多く、こけ娘は久々に行けました。

出店数はわりと多く、特に着物のお店が多いと思います。

町田まで行って釣果はこれだけ、という、ちょっとさみしい日でしたが、

まあ、そんな時もあります。

電車賃を考えていたら、骨董市めぐりはできませんね。

ささっと描かれたようですが、表情がとてもいいと思います。

より以前の記事一覧

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ