« 佐藤護 六寸 | トップページ | こけ自習 渡辺求 »

作田栄利 六寸

久々に町田の骨董市に行ってきました。

町田天満宮で、毎月1日に開かれている骨董市です。
梅雨の晴れ間で、日差しも強くけっこう暑い中、多くの骨董好きで賑わっていました。
こけ娘のお弁当を作って、洗濯物を干してからだと、どうも遅くなっちゃいます。
もう少し早く行けば、もっと欲しいこけしが、たくさんあるかしら。

Eiri1_2

遠刈田系 作田栄利 作、六寸。
底に、「宮城県 遠刈田 作田栄利  六十六才」 を署名があります。
明治31年(1898年)生まれ、佐藤吉郎平の弟子です。
満年齢で昭和39年、数え歳だと昭和38年の作でしょう。
67才で亡くなっているので、晩年の作ですね。
「こけし辞典」掲載のような、丸顔の胴が太いものが欲しいのですが、
なかなか、良い状態で、しかも手の出るお値段のものに出会えていませんでした。
辞典には、昭和35年位から顔が長くなり…、とあるので、
鬢かざりと重ね菊の花びら部分が、ぴよぴよハネたように描かれるのも、その頃からでしょうか。
勝手に、「ハネてる時代」と呼んでいました。
「ハネてる時代」のものは、ピンとこなかったのですが、このこけしはキリッとしていて気に入りました。
町田の骨董市は、着物・古布などの業者さんが多いのですが、
今月は、こけしも沢山ありました。
やっぱりもうちょっと早く家を出て、マニアのおじさま達と張り合ってみよう!

« 佐藤護 六寸 | トップページ | こけ自習 渡辺求 »

遠刈田系」カテゴリの記事

骨董市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐藤護 六寸 | トップページ | こけ自習 渡辺求 »

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ