« 佐藤伝伍 小寸 | トップページ | 東京こけし友の会6月例会(2013) »

鳴子系不明 お土産こけし 秋山忠市?

以前、骨董市で購入した、お土産こけしです。

Ka1_431x640_2
表面をろうではなく、ニスでしあげていること、

こけしの染料ではなく、顔料?ポスターカラー?的なものを使用していること、

Ka2_640x480

胴の右側に、「赤倉(温泉)」との記入があること、などから、

お土産用に作られ、赤倉温泉で販売された

“鳴子風こけし”だろうと思い、

自分の中で“こんなの買っちゃったけど”コーナーに入れたままでした。

このところ、20~30年代の鳴子系をとりあげているので、

もう一度見直したら、最初は小島(おじま)正の作かと思いましたが、

どうも違うようで、

Ka4_480x640
以前紹介した、秋山忠市の昭和29年作と、

肩付近の形態、ろくろ線の太さ本数などに共通点が多いのです。

同時期の、秋山忠市の作でしょうか。

また、胴模様の、横菊・菱菊ともに、花芯の部分の二筆が離れて描かれていますが、

これは、あまり見かけない描き方かと思います。

調べてみると、「東北のこけし」掲載の秋山忠市も、

花芯が二筆で描かれているのです。

もしかすると、妻の秋山かうも描彩をしているので、かう描彩かもしれません。

このような、「伝統こけし」の範疇を、幾分はみ出てしまっているこけしは、

特に、新型こけしの流行った昭和20~30年代によく見られます。

多くの工人は新型への移行や、新型と兼ねて製作していたようです。

この時代のこけしが、美しいかと問われれば、返答に困りますが、

そういうことを経て、現代のこけしへとつながっているので、

捨て去らず、見ていくことも大切かな、と思います。

« 佐藤伝伍 小寸 | トップページ | 東京こけし友の会6月例会(2013) »

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

秋田県の又五郎こけし、もおもしろいこけしでしたよ!
お守りこけし なども作ってるみたいです

こけし男さま

コメントありがとうございます。お返事が大変遅くなりもうしわけありません。
秋田県の又五郎こけしは、ろくろを使わず手彫りで作るこけしのようですね。
ごめんなさい。ろくろを使って作る「伝統こけし」を集めているもので、
そちらは、くわしくありません。
当ブログへ、ご訪問ありがとうございました。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐藤伝伍 小寸 | トップページ | 東京こけし友の会6月例会(2013) »

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ