« 伊藤松三郎 9寸 | トップページ | 佐藤誠孝 8.5寸 »

佐藤伝 8寸

Den2
弥治郎系 佐藤伝 8寸。

東京こけし友の会7月の例会で購入しました。

いまさらのアップで、いつもすみません。

底に、「弟子屈町 佐藤伝」と署名があり、通しガンナです。

首ははめ込み式で、ちょっとゆるめなので、クラクラしてます。

例会の中古頒布で購入するときに、

「あれっ、クラクラする~」とか言っていたら、

「古い弥治郎系は、はめ込みなんだよ。」と、

幹事の方に教えていただきました。

そして、同じ年代の伝を買っていたかっぱさんに、偉そうに教えて、

ブログ「こけしのなかのわたし」にも書いてもらっちゃいましたが、

すみません(゚ー゚; おもいっきり受け売りです。

古い年代の弥治郎系は首が回るので、どちら側も楽しめるように、

後ろにも胴模様を描くことが、多かったようです。

このこけしは、残念ながら後ろはろくろ線(巻き絵)のみですが、

前面と違う胴模様が入っている弥治郎系を、見たことがあります。

最近は、少し古いこけしを見ると、首をまわしてみたくなる悪いクセが…。

ムリにまわそうとすると、とれちゃったりするので、ご注意を。

佐藤伝は、明治39年生まれ。佐藤伝内の二男。

伝吉・伝・伝喜・伝伍 兄弟の二番目。

伝内の弟子の渡辺求や本田鶴松につき修行。

昭和4年北海道に渡り、昭和7年弟子屈に定住。

戦後はしばらくこけしの製作を中断していましたが、

昭和32年から、復活しました。

こけ娘の最近のお気に入りの伝喜のお兄さんですね。

わたしは、伝の方が好みですけど。

« 伊藤松三郎 9寸 | トップページ | 佐藤誠孝 8.5寸 »

こけし友の会」カテゴリの記事

弥治郎系」カテゴリの記事

コメント

背中に絵が描いてあるやつ、たんたんにて譲っていただきました。。
よく似ていますがもう少し胴が長いかもです。

>かっぱさま
そうでした!「たんたん」でマスターに後ろの胴模様を見せてもらったんでした。
もう少し、スリムな感じの伝さんですよね。

happy01「兎顔」とのご意見があったよーで…思わずfullmoonニヤリnote弟の伝喜の作る子よりも、目鼻の描線に「弾み」というか、「バネの強さ」というか…そういうモノを感じますsmile薄い黄色を多く使った着物の色合いが又、玩具っぽく好い味を出していますねsun

>こけみさま
ちょうどお月見fullmoonの時期でもありますし、うさぎ顔の伝さんをながめて、
楽しみましょうか(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊藤松三郎 9寸 | トップページ | 佐藤誠孝 8.5寸 »

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ