« 渡辺求、戦前作 | トップページ | 鳴子「全国こけし祭り」行ってきました!! »

小林倉吉、戦前作

K1
つづいて、こちらも7月の高幡不動ござれ市で購入したものです。

底に、縦書きで「明治四年生まれ 小林倉吉 昭和十八年 七十三才」

円周に沿って「山形 最上 木翁作」 と署名があります。

“いわゆる桜の満開と称し、胴の裏まで桜を配し、(中略)。昭和十五年ころから

木翁と署名するようになった。” (こけし辞典より)

と、倉吉、晩年の作風そのままのこけしです。

こけ娘の好きな山形系。小林清次郎工人につながる倉吉工人。

おとなしい(地味な?)こけしが好きなこけ娘には、かなり好みのこけしのようです。

このこけし、前回アップした渡辺求作にも増して、黒くなってました。

マスターに教えていただいた方法で磨き、なんとか見られるようになりました。

K2
後ろ姿です。これも、ツン毛というのでしょうか。けっこう長いです。

桜の満開の花びらは、後ろにもあるようですが、薄くなっていてよく見えません(゚ー゚;

*    *    *    *

さて、明日の朝から、鳴子へ出発します。

「全国こけしまつり」を堪能したら、日曜日は、土湯に行く予定です。

こけ娘の「こけ新聞」8月号、絶賛(?)発売中です!

バックナンバーもご用意してます。

よろしくお願いします(゚▽゚*)

« 渡辺求、戦前作 | トップページ | 鳴子「全国こけし祭り」行ってきました!! »

山形系」カテゴリの記事

骨董市」カテゴリの記事

コメント

これも凄い…後頭部とか図録ではそうそう載っていませんが面白いですね。
遠刈田の手絡がずずっと下がってきたような。
骨董市、いつもではないでしょうけれど、面白いものが出ますね。

かっぱさま
骨董市では、状態が良くないものが多いですが、いろんな出会いがあって楽しいですよ。
この後頭部、おもしろいですよね。この時代の清蔵や吉太郎などにも、あるのでしょうか。
復元作では、見たことない気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渡辺求、戦前作 | トップページ | 鳴子「全国こけし祭り」行ってきました!! »

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ