« たんたん即売会2011.12 | トップページ | 新山吉紀工人・真由美工人 in横浜人形の家 »

伊藤長一作 でした

最近、こけしに関するブログが増えてきているようですね。

どの方のブログも、こけしの写真が美しい…。

「日々こけ」の写真の貧相さに、どっと落ち込みました。

決してこけしのせいではなく、私の写真の腕のなさと、

撮影方法、撮影場所、機材などに、知識も技術も工夫もないということだと思われます。

こけ娘の選ぶこけしが、派手・濃厚と言われるものではないのも、原因でしょうか。

保存状態のあまりよくない、中古こけし中心ということもあるとは思います。

やっぱり、もっと写真小さくしようかな~。

気をとりなおして、本日の記事は、

先日掲載した、さいたまスーパーアリーナで購入した、伊藤長一か?と思われるこけし。

「たんたん」の即売会で、こけしマニア大先輩のK氏に教えていただきました。

「伊藤長一」作で、いいそうです。

Tyouichiyo

Tyouatama

左:その署名なし鳴子、右:伊藤長一署名あり

頭頂部の、赤いリボン?、蝶?のような飾りが、伊藤長一独特のものだそうです。

松三郎、松一、三浦光美などには、ありません。

Syoukoumi

Atama2_4

左:三浦光美、右:伊藤松一

すみません。松三郎さんは、持っていませんでした。

« たんたん即売会2011.12 | トップページ | 新山吉紀工人・真由美工人 in横浜人形の家 »

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ