« 横浜人形の家「鳴子こけし祭り」2011 | トップページ | 骨董アンティークフェア(さいたまスーパーアリーナ)2011.12 »

東京こけし友の会11月例会(H23)

Chou1
東京こけし友の会11月例会、出席者がなかなか多く、

若い女性も数名みえていました。

今月は、午前中に用事があり、時間ギリギリになってしまい、

あまり、下見ができませんでした。

くじ運も、こけ娘が最後から2番目、わたしが最後の番号で、

新品頒布の、本間直子さんの幸兵衛型、もうありませんでした。

では、購入したこけしを紹介していきます。

上の写真は抽選品、伊藤長一工人、7寸。

もちろん、こけ娘の好みです。

底には、東長沢、伊藤長一作と署名があります。

松三郎さんを鳴子から招いて、指導を受けた工人のひとりです。

「こけし辞典」の写真と、同型ですね。

すこし、シミがありますが、色の残りは良いと思います。

Seijiro3
中古頒布より、小林清次郎工人、5寸。吉三郎型。

清次郎さん、いろいろ集まってきたので、

いつか、並べて写真をアップしたいですね。

こけ娘は、清次郎さんでは、人気の型の眉がキリッと上がったものより、

ジミな米太郎型など、静かな顔のものが好みです。

Keimi1

中古頒布より、新山慶美工人、一尺。慶治型。

帽子と、明るい胴模様、おもしろい型ですね。

慶美さんは、父、慶治さんに隠れてしまって、目立たないようですが、

とてもうまいと思います。

Yoshio

いただきもの、小笠原義雄工人、6寸。

この材は黄色っぽいのですが、何でしょう。マユミ?

こけ娘は、昨年のみちのくこけしまつりから、小笠原工人のこけし、お気に入りです。

こけ娘は、目が好きだそうですが、

私は、このこけしの柄、ボタ菊(用語違ってたら、教えてくださいね)にも、惹かれます。Igarashi

いただきものこけし、五十嵐嘉行工人、6寸。間宮明太郎型。

Deru左2本、例会おみやげこけし、平賀輝幸工人。

右、いただきもの、後藤晧工人。

輝幸さんのこけしは、古い型の復元だそうです。

かわいい現代風のこけしもお上手ですが、

この表情のしまり、さすがに伝統を受け継ぐ工人さんだとおもいます。

こけ娘は、こういうのが好きなのですが、バッグに刺繍するには、

やっぱりちょっと迫力ありすぎですかね。

« 横浜人形の家「鳴子こけし祭り」2011 | トップページ | 骨董アンティークフェア(さいたまスーパーアリーナ)2011.12 »

こけし友の会」カテゴリの記事

弥治郎系」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

後藤晧さんのたちこ、定寸の顔になっているのは面白いですね。
胴模様も綺麗ですね~頭もはめ込みでしょうか。
そして、バッグの刺繍はてっきりこけし絵から起こすのかと思っていましたが、
こけしの現物から図案を起こすこともあるのでしょうか??
渋い表情のこけし刺繍バッグ…治助とか…明太郎とか…妄想は尽きません。

>suntronix_fuga さま
後藤晧さんのたちこ、首は回りませんが、つくりつけではないようです。
バッグの図案、すみません。誤解をあたえる文でした。
こけし絵からしか、刺繍できません(;´д`)
輝幸さんに、刺繍の図案用に色紙を注文し、古い伝統柄と、かわいい輝幸さんオリジナルの柄をと、お願いしたところ、伝統柄として、写真中央のタイプを描いてくださいました。
とても迫力があって、シャープな感じなので、小学生が持つバッグとしてはシブすぎかなと、考え中でした。
古い工人さんのこけしでも、平面の絵におこしてくだされば、刺繍しますよ~(^-^;漫画の画力で是非!

この記事へのコメントは終了しました。

« 横浜人形の家「鳴子こけし祭り」2011 | トップページ | 骨董アンティークフェア(さいたまスーパーアリーナ)2011.12 »

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ