« こけし刺繍バッグ、出品します! | トップページ | 高橋武蔵 尺二寸 これも、なかなか? »

こけ娘、破門される?!

10月の三週目の日曜日、いつものように、

こけ娘の付き添いで、高幡不動ござれ市へ。

朝は、雨が降っていました。

なんとかやみましたが、いつもより少なめの出店でした。

一周まわって、こけしは、数本でているものの、めぼしいものがないので、

「もう帰ります~」と、知り合いの骨董屋さんに挨拶しようと戻ったら、

さっきは、並んでいなかったのに、こけしが籠に数本あるじゃないですか。

もうっ、こけ娘が、こけし集めているのを知っているのに、なんで、見せてくれないかなぁ。

そして、籠とは別に、雑多なものが入った段ボールに、「まげ」のこけしが1本。

Sakuzo

「蔦作蔵」とあります。底の金具の跡も円ではなく、古そうです。

まあ、昭和30年代かな~。と思いながら、

こけ娘の財布にある額まで安くしてもらい、購入しました。

その後、いつものように、「茶房たんたん」へ。

こけし収集の師匠である、マスターから、

「今日は、いいのなかっただろう?」と聞かれ、

「蔦作蔵を買いました。」と言うと、

「朝、二回も見てきたのに、そんなのなかったぞ」と、マスターびっくり!

こけしを見せると、

「……蔦作蔵の戦前作だね。」

「師匠が、二回も見てまわって見つけられなかったのに、

弟子が、戦前作を安く買ってくるとは、何事だ!

破門だ!破門!」

と、くやしがるマスターに、あやうく、こけ娘 破門されそうになりましたw(゚o゚)w

もちろん、破門は冗談だったのですが、本当にくやしかったようです。

こけしは、おじさまを少年にしちゃいます。

« こけし刺繍バッグ、出品します! | トップページ | 高橋武蔵 尺二寸 これも、なかなか? »

こけ娘(こけこ)」カテゴリの記事

骨董市」カテゴリの記事

コメント

状態も良さそうですし、描彩といいシルエットといい、珍しい形ですね~
よくぞ救出された、と思います。
例会でGETしたこけしといい、今回の「こけ新聞」の内容といい、頼もしい先輩だな~と感じましたwink

happy01ははは、快(怪)挙fujiやりましたね~note序でに折があったら一度、小野川温泉の昔の一番宿「扇屋旅館」を訪れてみて下さいませ。ご主人が蔦作蔵の生前親交があり、作蔵こけしもかなりの数所有しています。(←こけ娘ちゃん、ひょっとして分けて貰えるかも…です)

>suntronix_fugaさま
いやいや、「頼もしい」なんて…。
骨董市では、状態が悪かったり、高すぎる値段で買っちゃってたり、失敗の連続ですよ。
3年以上通っても、マスターを、くやしがらせたのは、今回が初めてです。
例会では、毎度買いすぎて、「こけし買いすぎ、ダメゼッタイ」(byゴンバ社)って言葉がぐるぐる回っています。

>こけみさま
手元の本だと、「こけし辞典」と「愛こけし」にしか、写真がないのですが、
昭和12、13年の作風に似ていますかね。。
小野川温泉の「扇屋旅館」ですか。行ってみたいです(^-^)


もうご覧になったかも知れませんが、蔦文男さんのお店のHPに作蔵さんのこけしの写真がたくさんありました~。
http://www.onogawa.jp/~koma/onogawa_JP/koma/sakuzou/1.htm
なかなか素敵な写真の数々…

>suntronix_fugaさま
ありがとうございます。
昨夜はもう寝ていたので、今、こけ娘に見せました。
「とってもいい写真見つけてくれて、ありがとうございました」
だそうです。
私は、ド田舎で祖父母に育てられたので、ほぼ原風景で、
懐かしさまじりの、きゅんとする写真でした。
お若い都会育ちのsuntronix_fugaさんや、小学生こけ娘には、
また違った感じなのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こけし刺繍バッグ、出品します! | トップページ | 高橋武蔵 尺二寸 これも、なかなか? »

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ