« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

ござれ市から、高円寺

17日の日曜日、高幡不動ござれ市で、

こけ娘は、岸正規さん(鳴子系)、1本購入。

岸さんは、残念ながら、今年お亡くなりになりました。

昨年の鳴子まつりでは、

ポケットから次々に、こけし絵バッジを取り出し、

こけ娘とわたしにくださった岸工人。

最初に鳴子を訪れた時は、岸さんのお店で、

こけしの絵付けも指導していただきました。

          :        :      :

「たんたん」へ移動して、マスターにみちのくこけしまつりの報告。

報告といっても、私たち母娘の記憶力と観察力では、

マスターの質問に半分も答えられません。

もっと、きちんと写真を撮ったり、メモをしたり、

資料をもらったりしてこないと、ダメですね。

ひたすら、~雰囲気~のみを伝えて報告終了。

詳しいことは、マニアのおじさま方に聞いて下さい。スミマセン…

          :        :        :

午後から、高円寺の「ハチマクラ」さんへ。

こけしフェアを開催中でした。(24日で終了)

高円寺は何度も行っているのに、初めてお邪魔するお店です。

お店はレトロな文具・紙モノなどの雑貨屋さん(でいいのかな)。

奥のスペースに、こけしとこけし雑貨が。

「にわとり文庫」さんから出品の、こけし絵の色紙、

工人さんの写真などが、興味をひきました。

こけし雑貨をあつかってらっしゃるのなら、と、

私はバッグと資料をお見せして、頑張って営業。

店主さん、バッグより、こけ娘に興味津々だったような。

はいはい、(こけしに関して)うちのメインは、この子ですから。

              :      :       :

その後、高円寺の懐かしい感じの商店街を満喫して、

「楽しかった~」を連発のこけ娘。

あいかわらず、好みが昭和です。

後のファスナー開けたら、絶対、「オバチャン」が入ってると思います。

こけし本 みちのく至芸の里

Michiito

ひさびさの、こけし本紹介です。

  こけ娘が伝統こけしに目覚め、集め始めた頃、本で勉強しようと思ったのですが、

  ネットの古本屋さんで、タイトルだけを見ても、

  どの本がいいのか、どんな本なのかも、わかりませんでした。けっこう、高価だし。

  初心者でもわかる、手の届く値段の、こけし本紹介を、誰かやってないかな~。

  ということで、わたしのわかる範囲で、こけし初心者さん向けて、本の紹介をしてます。

  以前のものは、カテゴリ(こけし本)より、どうぞ。

                        *****

Michikoke

「日本の技① みちのく至芸の里」 

    著者代表:秋岡芳夫、谷川健一

    集英社、昭和58年発行

上の写真が本のケース、下がカバーです。

上の写真、誰だと思いますか?

なんと、鳴子の長老、伊藤松一工人なのです。

今では、やさしいおじいちゃんですが、この写真かっこいい。

実はこの本、伝統こけしに関しては、10ページほどしか載っていないのですが。

まあ、古本屋の表のワゴンで、200円でしたし、松一さんの写真だけでも、もとはとれてます。

ケースからだして、カバーもはずすと、その下にもだるまとこけしの絵が。

それが実はおきにいりなのですが、写真は載せません。古本屋で探してみてください。

初心者さん向け、とかいいながら、「こけしの勉強」とは違いましたね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こけ娘から、「最近、日々こけおもしろくない。絵文字つかいすぎ」と、厳しい指摘。

自分で読んでも初期の方がおもしろい。最近のはわたしらしくない、かもしれない。

見にきていただける方は増えたのですが、

知り合いしかのぞかないような、ひっそりした時期の、「日々こけ」の文章に戻りたいと思います。

            

                      

こけし刺繍バッグ ベビヰドヲル

ただいま、西荻のベビヰドヲルさん(実店舗)にて、

こけし刺繍バッグ、販売していただいています。

以前の記事に載せている写真ですが、もう一度アップしておきます。

Kobayashi

       小林定雄さんこけし絵 刺繍バッグ     Sinya

     阿部進矢さんこけし絵 刺繍バッグ  

Syouichi

    伊藤松一さんこけし絵 刺繍バッグ   

            :             :             :

納品したのは10月初めなので、全商品が揃っているかはわかりません。

いいえ、たぶん大丈夫。まだあります、きっと。

わたし的には、売れていてほしいですけど。

詳細、裏の生地などは、カテゴリ(こけしバッグ)よりご覧下さい。

西荻お近くの方、よろしければ、見て下さいね。

**********************************

     ベビヰドヲル

HPこちらから→ 

東京都杉並区西荻北3-8-9

定休日:木曜日

営業時間: 平日12:00~18:00

              土日12:00~19:00

***********************************

みちのくこけしまつり

みちのくこけしまつり、今回の招待・実演工人さんは、

笹森淳一さん(津軽)、吉田勝範さん(鳴子)、新山真由美さん(弥治郎)、

高橋通さん(鯖湖)、鈴木征一さん(肘折)。

スタッフとしていらっしゃる、小林清さん、梅木修一さん、岡崎幾雄さん、

伊豆徹さんにもお会いしました。

            :         :          :

Michi10

やはりこけ娘は、小林清さんを2本。

鈴木米太郎型と、顔の丸い方は吉兵衛型でいいのかな。

この渋めのお顔、好きなようです。

もう一本は、小笠原義雄さん。

            :       :      :

こけし柄手ぬぐいのバッグをおもちの、「こけしびより」のみぃさん発見!

…ご主人もいらしゃるし、間違ってないと思う…  

勇気を出して声をかけました。よかった正解でhappy01

まだ、こけしを選んでらっしゃる途中なのに、

わたしったら、ひたすら、しゃべるしゃべるsweat02

同時期にブログを始めてから、ずっとお会いしたかったので、

止まらなくなっちゃいました。すみません~

みぃさんが、kumaさんと娘さんを紹介してくださり、またしゃべるわたしcoldsweats01

実際にお会いして、それぞれのこけしの世界をお聞きできて、

とても楽しかったですnote

好みのこけしはいろいろだし、こけしを好きな気持ちの表現方法もそれぞれ。

だけど、つながっているこけし好き。

            :      :      :

お昼を食べに下に降り、前回の山形旅の際には、

時間がなくて寄れなかった「尚美堂」に。

阿部進矢さんのえじこなど、いろいろ欲しかったのですが、

予算の関係で、涙をのんで見送りweep

そして、昼食後、小林清さんの指導で、こけ娘は絵付けに挑戦。

kumaさんとお嬢さんも絵付けをされることに。

いや~、うますぎですkumaさん。プロですね~。

娘さんの色っぽいこけしも、芸術家の血を感じました。

こけ娘は、顔がうまく描けず、かなりがっくりきてましたdespair

        :          :           :

新幹線の時間まで、ひたすら会場をまわるこけ娘。

工人さんとのふれあいが楽しいんだけど、やっぱり「おじ見知り」なので

女性の、真由美さんや、挽き物店NのUさんを頼る頼る。

こけ娘が、おじさまの工人さんとしゃべるには、どちらかの通訳が必要ですconfident

帰りの新幹線では、ひたすら「今日楽しかったね」を連発したあと、

私の膝で、爆睡してました。

         :         :            : 

わたしにとっても、たくさんの出会いがあった1日でした。

真由美さんのブースで、「kokesi book」のcochaeさんにお会いし、

なんと、このブログを見ていただいているとっsign03

こけし刺繍バッグを、いつも持ち歩いてくださって、宣伝してくださっている

真由美さんにひたすら感謝です。

こけ娘を笑っていますが、実は、わたしも「かくれ人見知り」なのです。

精一杯の勇気をふりしぼって、初対面の方とお話しているので、

変な言動があったり、空気読めてなかったら、おゆるしくださいwobbly

     

行ってきました!みちのくこけしまつり

みちのくこけしまつり、行ってきましたshine

またまた強行の、東京→山形日帰り(小学生連れ)coldsweats01

朝3時に起床!4時過ぎに自宅を出発!外はまだ完全に夜nightでした。

うちから東京駅まではけっこう遠いので、6時すぎの新幹線で山形へ。

10時開場だと思っていたので、開場前に並ぶつもりはなかったのに、

早めに到着してしまったわ。ちゃんと確認しろ、わたしsweat02

10時30分になり、整理券をもらった方々に続いて入場。

またもや、帰りの新幹線の時間まで、昼食以外、外に出ずconfident

今回は、いろんな方々に出会い、楽しくていっぱいしゃべって、

みなさんの貴重なこけしセレクト時間をお邪魔してしまったかもsweat01

すみません~。

ブログ用にとカメラも持参したのに、撮影もせず。

なにをやっているのかしらwobbly

             ::::

購入したこけしの写真や、おはなしできたみなさんのこと、

寝不足を解消してから、アップしますね。

3時起床は、ちょっと無謀でした sleepy おやすみなさい…。

   

滝島茂 鳴子系

Sigeru 今日は、有楽町国際フォーラムの

骨董市。

さわやかな秋晴れで、

骨董市びより。

今回は、出店数が少なめ。

ひさびさの1週目だから、

よくわからないけど。

しかし、有楽町では、

こけしの収穫はなし。

結局、クレープを

食べただけでしたcoldsweats01

      :  :  :

午後から、西荻のベビヰドヲルさんで、

こけ娘は、滝島茂さん、4.5寸を購入。

(写真右)

      :  :  :

写真左は、以前、有楽町で私が購入した 滝島茂さん、8寸。

裏に、昭和61年、初挽きとあります。

滝島茂さん、鳴子系。昭和11年生まれ、高橋盛雄さんの弟子。

       :   :   :

先月の高幡不動の骨董市では、高橋武男さんを1本買ったこけ娘。

最近は、鳴子系にもどってきてますか。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ