« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年7月

美轆展行ってきました!

昨日、「美轆展」に行ってきました。

昨年に続き、朝6時すぎに家を出て、夜9時に帰宅するという

小学生連れにはけっこうハードな、東京~福島日帰り!

Mayumiaka1

こちらのこけしバッグ、

新山真由美工人ご本人に

差し上げてきました。

以前差し上げたバッグを、

いつもこけしのイベントに持参してくださり、

使い込んでくださっていたので。

実は、「こけしと旅と本」からの

出戻りのバッグですが、

真由美さんご本人のとこにお嫁入り。

ふちの飾り布(紺色に、こんぺいとう?星?)は、アメリカンヴィンテージ。

なぜか、和風にも合う柄が、時々あるんですよね。

Mayumiau

こちら、内側。

画像をクリックすると、

別画面で大きくなります。

六角形の模様のなかに、

ちいさなこけしが、ちょこちょこいます。

さて本題、美轆展でのこけ娘は、

習い事の試験の合格祝いにあげたお小遣いを、全額使い切り!

福島の滞在時間も、食事以外は、

美轆展と、西田記念館の展示場にいりびたり。

なんと、会場のシャッターが閉まるのを

内側から見てしまいましたcoldsweats01

        :        :         :

会場には、昨年までより、

若い女性の方など、初めて来られる方が増えていたそうです。

なんと会場で、「その時々、気づいたら。」のさとえっちさんにお会いしました。

こけしぼっこさんのブログで、

「こけしと旅の本」の初日の写真での、だるまバッグが印象的で、

思わず話しかけちゃいました。すみません。

お互いにバッグでわかる不思議な初対面wink

           :      :         :

外はかなり暑くて、日帰は大変だったけど、

こけ娘は、「ちょーたのしかった!」と言ってます。

こけしイベント、次は、どこかな?

こけし刺繍バッグ 新山真由美

Mayumiume2

こちらも、「こけしと旅と本」に出品したもの。

新山真由美さん、梅柄です。

竹柄のこけし絵しか持っていなかったので、

真由美さんに描いていただいた一枚より。

バッグ本体は、進矢さんバッグと同じ抹茶色。

飾り布も、梅柄のふるぬのです。

A4くらいのペタンコバッグ。

ピンぼけ写真を無理に加工したので、

あまりいい写真ではありませんsweat02

Mayumiuu

裏布は、ピンクのこけし柄。

この柄好きです。

こけし刺繍バッグ 阿部進矢

Sinya1 ひきつづき、「こけしと旅の本」からの

出戻りバッグです。

阿部進矢さん、温海で、現役工人さんです。

昭和51~52年のこけし絵より。

バッグ本体は、抹茶色のざっくりした木綿地。

飾り布は、オレンジ系の花柄のふるぬの。

こけしの大きな目のインパクトに負けない、

パッとした柄にしてみました。

正方形に近いペタンコバッグです。

Sinyau 裏布は、水色に、ピンク色のこけし。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

フォト

他のアカウント

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ